バルデナフィルの効果とは

バルデナフィルとは、レビトラに含まれている成分です。
どのような効果がある成分かと言いますと、特定部分の血管拡張作用にとって、勃起不全や勃起障害を改善することができます。
レビトラと比較されやすい薬としては、バイアグラがあります。
バルデナフィルの特徴としては、体内の吸収が速く、即効性が高いなどと言われています。
その中でも特に、副作用が少ないというの面が注目されています。
では、これらについて詳しく説明していきます。
まずは即効性ですが、服用後約30分程度で効果が現れます。
逆にバイアグラの場合には、服用して効果が現れるまで約50分程度かかると言われています。
基本的にバルデナフィル成分の副作用は少ないですが、稀に起きるものとして、狭心症や不全治療に使用される硝酸薬との併用によって、急激に血圧の低下が挙げられます。
また、比較的に多い副作用は頭痛とほてりですが、通常は数時間程度で治ります。
さらに、バイアグラを服用の際にあった、食事による影響ですが、バイアグラの場合には最大血中濃度に達するのに3時間ほどはかかるのに対して、レビトラは空腹時と満腹時とで最大血中濃度に達する時間の違いはありません。
なお、併用禁止の薬は主に硝酸薬ですが、その際には貼り薬や軟膏、口内スプレーなどのタイプも含めます。
その他にも、降圧薬や降不整脈薬なども控えるべきとされています。
最後に使用法について説明します。
まずは、服用は1日1回までとして、服用後は24時間以上の間隔を空けるようにしてください。
服用後4時間以上の勃起状態が続くようでしたら、副作用の可能性が高いですので病院に行く方が良いです。
以上が、バルデナフィル成分の効果と服用の注意点です。