バルデナフィルの血管拡張作用を体感しよう

バルデナフィルは優れた血管拡張作用により、ペニスを素早く勃起させてくれます。
レビトラの有効成分であるバルデナフィルは、他のED治療薬よりも即効性が高いのが特徴です。
空腹時に服用すると特に効き目が早く、15分程度でフル勃起状態になることもあります。

ED治療薬の有効成分はそれぞれ違いますが、勃起させるメカニズムには違いがありません。
ペニスの血管拡張により、一気に血液を送り込んで硬くするのです。
ペニスを硬くする正体は骨でも筋肉でもなく血液なのです。
健康診断や人間ドックなどで血流の悪さを指摘された方は、EDのリスクが非常に高く、また発症中の方は治すのが難しくなります。
バルデナフィルにより血管拡張をすれば一時的にペニスは勃起しますが、効果が持続するのは4~5時間程度です。
その後はいつものペニスに戻ってしまうので、次回に性行為をするときに再び服用する必要があります。

ED治療のためには、バルデナフィルを服用しつつ生活習慣の見直しが必要となります。
日常で行うべき対策は血行促進にあるため、脂肪や糖質の摂り過ぎには注意してください。
タンパク質は減らす必要はなく、特に脂肪の減少が大切となります。
野菜、果物、魚をよく食べるようにして、肉類を減らすように意識しましょう。
日本人は脂肪分解の機能があまり高くないため、欧米食を摂り続けると体内に脂肪を溜め込んでしまい、血流の悪化にもつながります。
食生活以外では水分を多めに摂ること、入浴で身体を温めること、などが大切となります。
冷え性は血行不良を招くので、半身浴や足浴などを取り入れて身体を温めましょう。
身体を温めることで心臓のポンプ機能が向上し、下半身の血流も促進されます。